税金はSBIソーシャルレンディングの配当にかかる?

なにか収入があってもそれに税金がかかるとき、実際の手取り収入はやや少なくなりますよね。
税金がかかるときはその税金も計算に入れておきたいのですが、SBIソーシャルレンディングで手に入る配当にもこれがかかります。
これも一種の収入になるためです。
感覚的には不労所得になるため、普段自分が働いて得ている収入と同じように税金がかかるとはあまり思えない方も多いです。
しかし実際にはこちらにも税金がかかります。

そしてSBIソーシャルレンディングで手に入る配当収入からは源泉徴収が行われます。
源泉徴収とは天引きのことです。
天引きする金額は所定の割合がすでに決まっており、その割合で事務的に天引きが行われたあとでの支払いになるのです。
SBIソーシャルレンディングの場合、天引きされているその割合は20.42%になります。

この割合で事務的に天引きされたあとの金額が配当として支払われるのです。
そのため実際に自分が受け取る配当収入は、その案件の利回りで計算した金額よりも少なくなるのです。
これはSBIソーシャルレンディングに税金がかかるため、その天引きが行われたことによります。
総支給額の20.42%というやや高い割合で天引きされるため、何も知らないと提示されていた利回りよりも低い配当が支払われたようにも見えますから、この税金や天引きのことは必ず確認しておきましょう。

そしてSBIソーシャルレンディングにかかる税金への対応は、これで終わりではありません。
自分で確定申告が必要になることもあります。
勤め人の方で確定申告が必ず必要になるのは、年間で得たその配当収入が20万円を超える場合です。
このときは普段この申告をやる必要のない勤め人の方でも、自分で申告しないといけないのです。

また、このような必要性に関わらず申告をしても構いません。
SBIソーシャルレンディングで行われている天引きは所定の割合にそって行われているだけですから、人によっては過剰納税になっている場合もあります。
そのときは確定申告することで、納め過ぎている天引き分を還付してもらえます。

もし確定申告は必要なく、自分でもやる必要がない場合はしなくてもOKですが、そのときは住民税の申告を考えないといけません。
先ほどの確定申告は所得税の申告手続きになりますが、これをやると住民税の申告が不要になります。
しかし年間で得た収入で申告されていないものがあり、なおかつ確定申告をする必要がないときは、住民税の申告を個別にやらないといけません。
この申告は年間で得ていた配当の副収入が20万円以下でも必要になります。
SBIソーシャルレンディングで得られる収入にはこのように税金がかかるため、それぞれ適切に対応してください。