SBIソーシャルレンディングの手数料

ソーシャルレンディングの使い方として手数料は要確認となっています。
SBIソーシャルレンディングの場合、かかる手数料は入金手数料が基本です。
入金手数料とは投資のための口座に入金するため、自分が使っている口座から振込をするときにかかる手数料です。
この手数料は必ず必要になります。
振込以外に投資用口座に入金する方法はありませんし、振込する以上は振込手数料がかかるためです。
そして投資用口座に入金できないとSBIソーシャルレンディングで投資ができません。

このサービスで投資できる金額は投資用口座に入っている金額が上限となります。
自分が投資したい金額に希望があるときは、その金額をあらかじめこの口座に入れておかないといけないのです。
これは投資の決定をしたものの、自分が決定したその金額があとになって払えないといった事態を防ぐためですね。
そのために投資の前にまず投資用口座に入金する必要があるのですが、このときの口座に入金する方法は振込となります。
自分が直接開設した口座ならATM等を使って無料で入金できますが、SBIソーシャルレンディングで使う口座は自分で直接開設する口座にはなりません。
SBIソーシャルレンディングを通して開設するもので、開設後の管理も基本的にはサービス側で行われます。

口座に入金したいときはサービス側から提示される口座情報を見て、自分が使っているその他の金融機関の口座から振り込むという形になります。
そのようになるため、入金時には振込手数料がかかるのです。
この金額は自分が振込に使った金融機関の振込手数料の金額を確認してください。
それがSBIソーシャルレンディングの利用のためにかかる入金手数料になります。

なお、SBIソーシャルレンディングで開設される口座もどこかの金融機関の口座になります。
もしそちらと同じ金融機関に口座を持っており、そちらから振り込む場合は手数料が安くなることが多いです。
同じ金融機関の口座がないときは他行から振り込めますが、このときは手数料が高くなりがちです。
入金手数料を抑えたいときはなるべく同じ口座からの振込を使うといいでしょう。

このような入金手数料以外で、SBIソーシャルレンディングの利用にかかる手数料はあるかというと、基本的にはありません。
実際にはソーシャルレンディングを利用するにあたり、配当支払い時に手数料がかかっているのですが、これは天引きされたあとに支払されているため、あまり感じることはありません。
このほか、専用口座から出金するときにかかる手数料もよくありますが、こちらもSBIソーシャルレンディングは無料です。
このサービスを利用するときは入金手数料に注意してください。