ソーシャルレンディングの注意点

ソーシャルレンディングを利用するにあたって知っておきたい注意点もご紹介しましょう。
それはこれが投資になるため、場合によっては投じたお金を失うリスクもあることです。
そのため利用の判断や投資金額は慎重に決めるのが基本です。

なぜ投資したお金を失うリスクがあるのでしょうか?
それはソーシャルレンディングの仕組みを知るとよくわかります。
このサイトで集められたお金は特定の目的のために活用されます。
そのために、そのお金は特定の事業者へと貸し付けられることも多いです。

具体的に誰に貸し付けられるのかは開示されないことが多いのですが、何の目的のためのお金なのかは案件の詳細ページに書いてあります。
たとえば再生可能エネルギーの発電施設の建設といったことです。
そのような目的で運用されたあとは、その運用によって得たお金から貸付金の返済が行われます。
その返済金が、個人投資家にとっては自分が投じたお金の戻りになるのです。
このときにはもちろん利息もつきます。
その利息は個人投資家にとっての配当収入になるわけです。

ソーシャルレンディングはこのような仕組みになっているのですが、投じたお金が戻ってくるには、そのお金の運用に成功しないといけないのがわかりますね。
案件の詳細ページで書かれている運用計画は、もちろん返済が十分にできるだけのリターンを見込んでのものですが、成功するという保証はありません。
もし失敗に終わるとリターンもなくなるため、借りたお金の返済が難しくなることもあるのです。

もしこのような事態が起こり、返済が難しくなって個人投資家のお金が戻ってこなくなったらどうなるのでしょうか?
このときには何か補償があるのかというと、必ずしもそうではありません。
基本的に投資はこのようなリスクを承知の上でやることですから、もしこの事態が起きた場合は自己責任として投じたお金は諦めるしかないのです。
とはいえ、実際にはこのような事態が起きないように、ソーシャルレンディングでは担保や保証人を設定して貸し倒れが起きないように配慮してくれているサービスも多いです。
これがあれば、お金を借りた事業者の返済が難しくなったとき、担保を売却したり保証人が返済を肩代わりしたりして、個人投資家のお金を戻してくれます。

ただし、これも元本の全額を返済できるという保証はありません。
場合によっては一部返済のみに留まる場合もあります。
このようなリスクがあることはソーシャルレンディングの基本的な注意点です。
比較的信頼されているSBIソーシャルレンディングでもこの点は変わりませんから、この注意点はよく確認しておいてください。